結婚式場の選び方のポイント!費用に関すること


結婚式や披露宴の予算について

結婚に関わる必要な費用は、式や披露宴、新婚旅行や新住居での費用が主になります。予算の立て方のポイントにおいては、総費用を決めてからそれぞれどこにウエイトをおくかで検討していくことが大事です。予算オーバーになることも想定して、予備費は2割ほど確保しておくとよいでしょう。一般的に式や披露宴に比重をおくカップルが多く、3、4割を目安に予算を当てられるようです。

そのほかにも、新婚旅行を贅沢に楽しみたいと予算を多めに組むケースもありますし、家具を一式揃えたり、新居に十分に費用をかけたいと考えるカップルもいたりと色々です。費用の分担については、男女で平等に分けるのが通常ですが、男女で招待客の人数が違うこともあるため、人数に応じて合理的に負担し合うこともあるようです。また、自分たちで全ての費用を出すことが原則ですが、新郎新婦の両親が一部の費用を援助する場合もあります。

結婚式場は相見積もりをして比較検討するのがポイント

結婚式場は1件だけに絞って見積もりをせず、複数件で相見積もりをしておくのが鉄則です。サービス内容と料金をよく比較して決めましょう。1件だけで決めてしまうと、サービス内容に対して適正な料金なのかということの判断ができません。結婚式場のホームページや資料に料金プランが記載されていますが、自分たちの細かい要望により費用に違いがでることもあるため、あくまで目安として参考程度にとどめておき、式場の担当者に依頼して相見積もりをしておくことが大事です。

名古屋の結婚式場の中でも、ガーデンスタイルのところは人気があります。やわらかですがすがしい木々に囲まれた挙式は、それだけで参列者の心も晴れやかになります。